2005年12月04日

序文として

 過剰労働に苦しむ者がいる一方で、働く意味を失いニートとなる者がいる。合理化が進展する中で労働が細分化され、労働に意味を見出しにくくなっている。
 個人の尊厳や社会的正義(コンプライアンス)が労働現場では簡単に崩されることも少なくない。
 確かにかつては働くことに積極的意味を見出せたのかもしれない。
 しかし今や、労働は単に金銭を得る手段でしかなくなっている。
 もし他に金銭を得る手段があれば……一体誰が個人の尊厳や社会的正義(コンプライアンス)の破壊に加担しようか。
 望まないことはしたくない。それは人々の願いであろう。

 このページではその願いの根源を見つめ、分析し、願いを実現する手段を提供したい。
posted by 北 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。